東高円寺・新中野で25年。カイロ・マッサージ・整骨院で地域密着の総合治療院です! 市原ボディケアラボラトリー 東京都杉並区高円寺南1-7-4 杉木ビル3F

toppagebunner2.png

首や足の痛みの理由を説明します


HOME > 首や足の痛みについて説明します

首や足の痛みを訴えマッサージを依頼される患者さんが多いです

足や首の治療は、オフィスワークから来ている場合が多いのです。

座っているだけで、どうして足が疲れるのでしょう。
デスクワークで座っている状態は、「常に体を固定する」ように筋肉が使われます。
体全体を固定する場合、微調整のためにいつも筋肉が動いています。
 
またモニタを見ることが日常作業になると、首を安定させるために筋肉が動いています。
小さい文字などを見ているとどうしても、首だけが前に出やすく、その状態を保つためにより筋肉が張ってしまゥ場合が多いのです。

オフィスワークの足と首に関しては、正しい姿勢を保つことが命です。

オフィスワークの正しい姿勢の一つは、軽く背もたれにあたるくらいで背筋を伸ばすことですが、これは腹筋と背筋が大きく関係します。ですので正しい姿勢が維持できない場合、腹筋と背筋を鍛えることはとても大切です。
腹筋と背筋を維持するのは1日に10回づつ程度の運動でも非常に効果があります。また首に関すると、首が痛いのは猫背が癖になっている場合が多いです。
猫背は肩を後ろに下げて開く、肩甲骨を寄せる、首を少し上に伸ばすという感覚で広げられます。こちらは胸の筋肉と背中の上部の筋肉を運動させることで効果が出ます。

筋肉の繊維同士が絡まります、それがコリであり痛みになります。

筋肉のイメージはゴムのように伸びると一般的に思われていますが、実際には筋肉は伸びるのではなく細かい筋肉繊維がスライドして広がります。体を動かすとコリコリと音がする場合、筋肉繊維同士が引っかかり、それが弾き合う為に起こる音がほとんどです。骨の音ではありません。
この絡まり合った筋肉は、柔軟運動でも簡単には取れません。そしてゴリゴリ動かしすぎると、逆に筋肉を痛めることが多いです。
患者さんの声でも、筋肉をグリグリ回してストレッチしたのだけど良くならないと来院されますが、むしろ軽い炎症を起こしている場合も多いです。

こちらの治療は、疲労回復マッサージやスポーツマッサージ、グラストンなどによって直接筋肉を揉みほぐし、筋肉繊維の絡まりをほぐし、柔軟性を取り戻します。