冷房病について

ご訪問ありがとうございます

 

杉並区、東高円寺でカイロ・鍼灸・整骨院を営んでいる「市原総合治療院」スタッフが肩こりや腰痛についてやその治療法などをお伝えしているブログです。

 

 

 

 

今日は冷房病(クーラー病)についてです。

 

 

 

 

暑い日が続き、クーラーをつけることが多くなる今の季節。

熱中症を防ぐためにエアコンやクーラーを入れることも多いと思います。

 

 

涼しい空間で過ごすのはとても快適ですが、

冷房の強い環境に長時間いた後

外気温にさらされることを繰り返したときに

自律神経のバランスが崩れ、

血流が悪くなり

ホルモンバランスにも異常をきたします。

 

 

 

これが

 

「冷房病」

 

です。

 

 

冷房病は、

自律神経の働きが不安定な小さい子供やお年寄り、

冷房のきいたオフィスで働く女性

に多くみられます。

 

男性も多くの人が冷房病になっていますが、

自覚症状がない人も多くいます。

 

 

 

 

冷房病の症状は

 

頭痛

肩こり

腰痛

疲労感

食欲不振

不眠症

むくみ

神経痛

 

などがあります。

 

 

 

 

 

冷え性の症状と似ていますが、

ひどくなると冷房がきいてる部屋などに入ると症状がでてしまいます。

 

夏は冬に比べて血管を開いて熱を逃がそうとするため、

クーラーで冷やすことにより

本来の体温調節機能のバランスを崩しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

冷房病を防ぐために気をつけたいこと

・クーラーの風に直接あたらないようにする。

・外気温との差を5度以下にする。

・冷たいものを摂り過ぎず、温かいものを口にする。

・三食きちんと食べる。

・毎日軽めの運動をする(ストレッチなど)

・湯船につかる。

・お腹を温める。

・睡眠はしっかりとる。

・クーラーは寝る前にかけておき、就寝時はとめる。

・レッグウォーマーで足首を温める。

 

 

 

 

冷房病で現れる症状の多くは自律神経のバランスが崩れたときに起こります。

鍼灸やカイロプラクティックでは薬を使わず自律神経のバランスを整えます。

 

 

 

 

今年の夏は冷房病対策をしっかりとって

元気に夏を過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

東高円寺駅から徒歩1

 

市原総合治療院は鍼灸・整骨・グラストン・カイロがあり

それぞれの患者さんの症状に合わせた治療が提案できる治療院です。

 

 

各治療院・総合受付への

ご予約・お問い合わせはこちらから

 

総合受付

市原ボディケアラボラトリー

📞 03-5913-8344

 

 

市原鍼灸整骨院

9:00~翌1:00(最終受付0:00)

※なお、深夜0時以降の施術に関しましては

前日までのご予約が必要となります。

 

📞 03-3317-9749

 

 

市原カイロプラクティック研究室

10:00~21:00

※完全予約制

 

 📞 03-3317-9748

 

市原ボディケアルーム

10:00~21:00

※完全予約制

 

📞 03-3317-9751

 

Translate(翻訳) »