Skip to content

熱中症について

ご訪問ありがとうございます。

 

杉並区、東高円寺でカイロ・鍼灸・整骨院を営んでいる「市原総合治療院」スタッフが肩こりや腰痛についてやその治療法などをお伝えしているブログです。

 

 

 

 

今日は熱中症についてです。

 

 

 

 

熱中症は、運動や暑熱から起こる身体の不調の総称で、

熱射病や日射病と呼ばれるものは、重度の熱中症のことです。

 

 

 

医学的にいう熱射病は、

視床下部の体温を正常に保とうとする機能が低下して汗が出なくなり、

体温が40℃を超えて、そのままでは死に至る極めて緊急性の高い状態を指します。

このうち、太陽光がその一因となるものを日射病といいます。

 

 

 

直射日光の下での長時間の活動や激しい運動をしたり

高温多湿の室内で長時間過ごしたときなど

に起こります。

 

発汗により体内の水分が急激に減少して脱水状態になり、

血液循環機能に異常をきたし、

脳への血液の循環量が減少した時に、

めまいや失神などを起こします。

 

 

 

 

 

熱中症の主な症状は

 

口が強く渇く

めまい、立ちくらみ

ほてり

頭痛

筋肉痛

手足の痙攣

吐き気や嘔吐

手足の痙攣

真っ直ぐ歩けない

身体が怠くなる

汗が出すぎるか、出なくなる

意識がなくなる

 

 などがあります。

 

 

 

 

 

熱中症にならないためには

帽子をかぶり日差しを避け、

塩分を適度に摂り(塩分を制限されている場合は主治医に相談)

水分補給をこまめにおこなうことが大切です。

 

また、日頃からバランスの良い食事と睡眠をしっかりとり、

丈夫な体を作ることで熱中症にかかりにくくなります。

 

 

 

 

 

[熱中症になってしまった場合の応急処置]

 

 

1、安静

体を冷却しやすいように衣服をゆるめ、安静にします。

 

 

2、冷却

風通しのよい日陰、クーラーの効いた部屋など、涼しい場所で休ませます。

また、氷のうなどがあれば脇の下、首のまわり、脚の付け根などを冷やし、

血液循環を通じて体温を早く冷ますことができます。

 

 

3、水分補給

意識がはっきりしていれば、水分補給(スポーツドリンク)を行います。意識障害や吐き気がある場合は、医療機関での輸液が必要で、

救急車を呼んで至急医療施設へ搬送します。

 

 

 

 

 

 

東高円寺駅から徒歩1

 

市原総合治療院は鍼灸・整骨・グラストン・カイロがあり

それぞれの患者さんの症状に合わせた治療が提案できる治療院です。

 

 

各治療院・総合受付への

ご予約・お問い合わせはこちらから

 

総合受付

市原ボディケアラボラトリー

📞 03-5913-8344

 

 

市原鍼灸整骨院

9:00~翌1:00(最終受付0:00)

※なお、深夜0時以降の施術に関しましては

前日までのご予約が必要となります。

 

📞 03-3317-9749

 

 

市原カイロプラクティック研究室

10:00~21:00

※完全予約制

 

 📞 03-3317-9748

 

市原ボディケアルーム

10:00~21:00

※完全予約制

 

📞 03-3317-9751

 

Translate(翻訳) »