Skip to content

40歳 女性

右下腿部挫傷(右内側腓腹筋の肉離れ)

 

(症例詳細)

バレエの練習中、ジャンプをして着地をした時に右下腿部に疼痛出現。

歩行時の疼痛も出現したため、市原整骨院に来院されました。

初検時、内側腓腹筋(移行部)に疼痛、軽度の腫脹、運動痛が著明の為テーピング、包帯にて安静固定。

約10日間の安静固定後、リハビリ約14日間にて初検時の症状が治癒されました。

現在は違和感もなく、バレエの練習を再開されています。

 

患者さまの声

バレエの練習中に何回か痛めたことはありましたが、今回の痛みは初めてで驚きました。

しばらくはバレエもできないとあきらめていましたが、市原整骨院の先生の説明や治療を受け、

今まで通りに踊ることができたのは驚きました。

練習時のストレッチの仕方や、生活の中で気を付ける事などもアドバイスを頂き助かりました。

今は痛みもなく、以前よりバレエの練習が出来ています。

 

担当: 長澤(柔道整復師)

Scroll To Top