目の奥の痛みを伴う頭痛


治療科目ジャンル:カイロプラクティック

1.患者情報

40歳(男性)  病名:-

2.症状

慢性的な肩こりと頭痛に数年来に渡りなやまされている。料理人ということで、狭いところで長時間(平均10H)ほぼ立ちっ放しで、偏った(右背部を丸める様な) 姿勢で作業しいられている。症状が酷くなると右目の奥の方が痛み、頭痛が取れない。初回は肩こり頚の痛みでリラクゼーションに来院した。

3.姿勢・動作の観察

背中のアーチが右へ傾く感じ右肩も前に入っている。右前に傾いて作業する事の多い職場環境と言う事もあって、その姿勢で固まってしまっている。頚椎の関節に著しい可動制限が生じている。

4.触診検査

右側へ荷重がかかるためか、右側の骨盤の動きがほぼ消失している。その状態を支えるため、バランスを取る形で側弯を形成している。特に胸部での側弯、右頚部上部での歪みと緊張が顕著である。リラクゼーションよりカイロが適切と判断した。説明し、同意を得て施術へ移行した。

5.治療

骨盤の動きを止めている関節にアプローチを掛け、背骨へのストレスを取った状態で頚部の可動性向上を計った。

6.予後:治療計画

肩と頚へのコリ感は消失した。頭痛事態も消失したが、頚部の回旋での動きの悪さが残っていた。再発防止とメンテナンスのための来院を指導した。

Translate(翻訳) »