冷えを取り除く

治療科目ジャンル:アロマテラピー

1.患者情報

30歳(女性)  病名:-

2.問診内容

お風呂上りでも靴下が手放せず、夜も冷えて眠れない。バランスとして足が太いことを気にしている。生理痛も強く、薬無しでは乗りきれない状態。夏場もクーラーが効き過ぎている室内で、デスクワークを座りっぱなしで行う生活だそうで、常にひざ掛けを必要とするくらいつらいとのこと。

3.評価・分析・解釈

下半身、特に大腿部にむくみが強く、そこが滞って下腿の循環が上手くいっていないよう。冷えは下腿と臀部に強く出ている。なので、精油は身体を温めるジンジャーやラベンダーを中心に、リンパの流れを促し、かつ、ホルモンバランスを整えてくれるものを使用。ジュニパーベリー、サイプレス、マジョラムスイートや柑橘系を多用した。

4.治療or 施術内容

コースはガゼル(60分で脚を前面後面行うもの)にベッドを温め、最初は腰にホットパックをしながら施術をした。大腿部を念入りに行うと指の通りもよくなり、そこを改善すると下腿等の温まり方もスムーズになった。

5.予後・治療計画or 施術計画

施施術後は汗が出るくらい(久々に汗が出たそう)温かくなり、履いてきたパンツも履きやすくなったとのこと。ただ、ホルモンバランスを整えるためと、職場環境の改善は難しいので、定期的(2週間に1度)のケアを受けて頂くことにした。すると、夜の冷えは大分気にならなくなり、生理は特に薬も徐々に飲まなくても平常に過ごせるようになったとのこと。

Translate(翻訳) »