マラソンランナーにおける、アキレス腱炎及び鷲足炎


治療科目ジャンル:整骨

1.患者情報

20歳(女性)  病名:-

2.症状

週末にマラソン大会に参加するため、一昨日、昨日と連続で15キロを走っていたところ左踵に痛みを感じ始め、次第に我慢できない程になった。少し休憩をしてから、再び走り始めたが右膝内側にも痛みを感じた為、中止して翌日来院された。

3.姿勢検査結果

左アキレス腱の伸張で痛み増強、右大腿後面のストレッチをしながら下腿を外旋で膝痛が増強されるため、左アキレス腱炎及び右鷲足炎を併発していると思われる。走行姿勢が適度な前傾ではなく、腹を前に突き出し重心がやや後ろ気味なので腹筋の弱化、大腿四頭筋の異常な緊張を認める。

4.治療or 施術内容

アキレス腱、大腿部内側のストレッチを指導。大腿筋、下腿筋、腹筋、腰筋をマッサージしキネシオテープでアキレス腱、大腿部内側を貼る。

5.予後・治療計画or 施術計画

マラソンは完走出来たが、かばっていたせいもあり、腰の痛みが増強した。アキレス腱の痛みは消失したが、膝の痛みが残存する。二週間程度、腰筋と大腿筋を中心に治療を続け、次回のマラソン大会に臨むように指導した。

Translate(翻訳) »