アロマ鍼で偏頭痛の改善

治療科目ジャンル:鍼

1.患者情報

44歳(女性)  病名:-

2.症状

若い頃から偏頭痛がひどく、吐き気も出ることがある。
2週間、痛みや重さが続くことも。
今まで何をしてもすっきりと治らない。
鎮痛剤をよく飲んでいるが、飲むタイミングがずれると痛みが治まらず、どうしようもなくなってしまい、薬漬けになるのも嫌と言う事で、鍼治療を受けることに。

3.問診

頭痛外来でも筋緊張性の頭痛と診断された。
どうしても睡眠不足やパソコンを使うことが多いため、頚部の深部にある筋肉の緊張から頭痛が発生しているものと思われる。
また、身体もだるい様子。

4.治療・施術内容

脈診をし、脾経と心包経を中心とした経絡治療をし、全身の気・血・津液のバランスを整えることで、免疫力・自己治癒力を促す。
頭痛を引き起こしていると見られる頚部の硬結や、起立筋に刺鍼。

5.予後・治療計画

治療後、一瞬で頭痛が消失し、感動したとのこと。
現在、頭痛薬を飲まなくてすんでいる。
生活の改善と共に、頭痛になる前に定期的に鍼治療を受ける。

Translate(翻訳) »