fbpx Skip to content

肉離れや捻挫の対処法について

ご訪問ありがとうございます。

杉並区、高円寺、阿佐ヶ谷、中野区

東高円寺でカイロプラクティック・鍼・灸・マッサージ・整骨・骨盤調整・グラストンを行っています

「市原総合治療院」スタッフ各々が皆様にお伝えしたいことをテーマに紹介しているブログです。

市原鍼灸・整骨院の高部です。

 

今回僕の記載するテーマは『肉離れや捻挫の対処法』についてです。

 

スポーツなどでのケガに関わらず、段差や階段を踏み外したりして捻った経験はないでしょうか?

まず始めによく耳にするのが冷やしたほうが良いのか、温めたほうが良いのかという疑問です。

大まかにまとめますと、

冷やしたほうがよいもの

・なにかにぶつけたとか当たったりしたなどの打撲

・走っていてふくらはぎが急に痛くなった(肉離れ)

・段差や階段を踏み外したりして捻った(捻挫) など

なにか原因があって急に痛くなったものに対しては冷やしたほうが良いことが多いです。

次に温めたほうがよいもの

・特になにもしていないけど肩など痛くなった など

特に原因が見当たらないけど痛むものに対しては温めたほうが良いことが多いです・

 

大まかではありますが、だいたいのものは上記で大丈夫かと思います。

 

当院では捻挫や打撲はもちろん骨折や脱臼の治療や後療法もテーピングなどで固定して不安定になってしまった関節を安定させたり、捻ったり、打撲したことによってかばってしまい緊張した筋肉を緩めたりして早期回復を目指すことができます。

 

上記のような症状に限らず、なにか気になっていることがあれば一度ご相談ください。

 

市原整骨院 高部でした。

Translate(翻訳) »
Scroll To Top