肘の痛み ~テニス肘について~

ご訪問ありがとうございます。

 

杉並区、東高円寺でカイロ・鍼灸・整骨院を営んでいる「市原総合治療院」スタッフが肩こりや腰痛についてやその治療法などをお伝えしているブログです。

 

 

今回は肘の痛みでよくみられる

テニス肘

について書いていきます。

 

 

 

テニス肘とはテニスのストロークを繰り返し行ったことで肘が痛くなる障害で、バックハンドストロークで肘の外側を痛めるバックハンドテニス肘と、フォアハンドストロークで肘の内側を痛めるフォアハンドテニス肘があります。

 

 

バックハンドテニス肘は外側上顆炎

 

フォアハンドテニス肘は内側上顆炎

のことです。

 

 

 

ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。

多くの場合、安静時の痛みはありません。

 

 

 

中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれています。

一般的には、年齢とともに肘の腱が傷んで起こります。

病態や原因については十分にはわかっていませんが、

主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。

この短橈側手根伸筋は手首を伸ばす働きをしています。

 

 

 

 

肘の外側または内側に圧痛が認められます。

バックハンドテニス肘では手首を背屈させる(反らす)動きで肘の外側に運動痛を生じます。

 

 

 

疼痛を誘発する試験で診断します。

以下の検査が一般的に用いられます。

 

 

 

 

トムゼンテスト

肘を伸ばし抵抗を加えた状態で手首を背屈させる(反らす)。

 

チェアーテスト

肘を伸ばした状態で、手で椅子を持ち上げる。

 

 

中指伸展テスト

検者が中指を上から押さえるのに抵抗し、

患者に肘を伸ばしたまま中指を伸ばしてもらう。

 

 

これらのテストで

肘外側から前腕にかけての痛みが誘発されたらテニス肘と診断します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東高円寺駅から徒歩1

 

市原総合治療院は鍼灸・整骨・グラストン・カイロがあり

それぞれの患者さんの症状に合わせた治療が提案できる治療院です。

 

 

各治療院・総合受付への

ご予約・お問い合わせはこちらから

 

総合受付

市原ボディケアラボラトリー

📞 03-5913-8344

 

 

市原鍼灸整骨院

9:00~翌1:00(最終受付0:00)

※なお、深夜0時以降の施術に関しましては

前日までのご予約が必要となります。

 

📞 03-3317-9749

 

 

市原カイロプラクティック研究室

10:00~21:00

※完全予約制

 

 📞 03-3317-9748

 

市原ボディケアルーム

10:00~21:00

※完全予約制

 

📞 03-3317-9751

 

Translate(翻訳) »