fbpx Skip to content

ウォーキングなど歩行について

ご訪問ありがとうございます。

杉並区、高円寺、阿佐ヶ谷、中野区

東高円寺でカイロプラクティック・鍼・灸・マッサージ・整骨・骨盤調整・グラストンを行っています

「市原総合治療院」スタッフ各々が皆様にお伝えしたいことをテーマに紹介しているブログです。

市原鍼灸・整骨院の高部です。

 

今回僕の記載するテーマは『ウォーキングなど歩行』についてです。

 

みなさんは正しく歩けていますでしょうか?

自分はちゃんと歩けている!と思う方も多いとは思います。

でも、実際歩くのを見さしていただくとちゃんと歩けていない方が意外と多いです。

いろいろな意見があるとは思いますが、自分が大事と思うことは大きく二つあって

・歩幅がある程度とれているか

・肩がふれているか

を注視してみています。

まず歩幅についてですが、歩幅が開いていないと股関節が動きづらい状態で歩いていることになります。ということは、股関節周りの筋肉が動いていないと同義になります。

そうなってしまうと股関節周りの筋肉が固まってしまい、より歩くのが辛い状態になりやすいです。

次に肩がふれているかについてです。

意外かもしれませんが、肩関節と股関節は歩くときに連動して動いています。

試しに歩くとき肩をふった場合と肩をふらなかった場合で股関節の動きやすさを意識しながら歩いてみると違いがわかるかと思います。

 

大まかにではありますが、2点程書かせていただきました。

 

当院ではこのような場合股関節周り、足などを中心にストレッチなどで筋肉や関節を動きやすくしたり、骨盤調整をすることにより身体のバランスを整えてあげたりするのが効果的かと思います。

 

上記のような症状に限らず、なにか気になっていることがあれば一度ご相談ください。

 

市原整骨院 高部でした。

Translate(翻訳) »
Scroll To Top