Skip to content

ご訪問ありがとうございます。

杉並区、高円寺、阿佐ヶ谷、中野区

東高円寺でカイロプラクティック・鍼・灸・マッサージ・整骨・骨盤調整・グラストンを行っています

「市原総合治療院」スタッフ各々が皆様にお伝えしたいことをテーマに紹介しているブログです。

 

市原鍼灸・整骨院の香川です。

 

みなさん「未病治」ってご存知ですか?

 

まず「未病」は聞いたことはありますでしょうか?

この「未病」は、病気にはまだなっていないけど、何となく体の調子が悪い という状態です。

放置しておくと病気になってしまう状態です。

病気になり始めていると言っても過言ではありません。。。

 

「未病治」は、「みびょうち」と読みます。

「未病」「治」療すると書いて、「未病治」です。

 

「未(いま)だ病(や)まざるを治(ち)す」

 

病気になってしまってからでは治療するのが大変なことでも、病気にかかる前に治療や予防をしてしまった方が、効率がいいということです。

 

病と言っても、病気としての症状の重さ・軽さを指すだけでなく、

生活の質「QOL」【Quality of Life】は侵されていないが検査値に異常がある未病の場合、

その時点で病気を発症させないための治療をしていく「未病治」の考え方が重要になってきます。

高脂血症、糖尿病、高血圧なども「未病」の1つと考えることができます。

 

東洋医学では「鍼」や「灸」を施し、全体的なバランスを整えることで病気になる前に治療をすることが可能です。

 

鍼やお灸だけでなく、もちろんマッサージ等でも効果はあります!

 

大抵の患者さんは「痛み」「しびれ」「辛さ」などの症状が現れてから来院されます。

これは普段の生活の中で溜まっていった負担が限界を超え、症状として現れてしまった状態です。

 

分かりやすいかどうかは人によるかもしれませんが、

疲れが溜まっていくのは、コップに水が溜まっていく時と似たようなところがあります。

溜まった水がコップから溢れ出てしまった時に、痛みとして感じます。

 

ですが、人によってコップの大きさは様々なので、少し疲れが溜まっただけでも痛みを感じる人もいれば、かなりの疲れが溜まって痛みを感じる人もいます。

表面張力でギリギリを保っている方も中にはいます(笑)

 

溢れる前にコップの中に溜まった水を捨てるように、身体のケアをマッサージや鍼・灸などで改善に導くことをお勧めします。そのお手伝いは当院スタッフが全力でさせて頂きます!

 

お困りの方はぜひご相談下さい!

 

 

Scroll To Top