Skip to content

ご訪問ありがとうございます。

杉並区、高円寺、阿佐ヶ谷、中野区

東高円寺でカイロプラクティック・鍼・灸・マッサージ・整骨・骨盤調整・グラストンを行っています

「市原総合治療院」スタッフ各々が皆様にお伝えしたいことをテーマに紹介しているブログです。

市原鍼灸・整骨院の高部です。

 

今回僕の記載するテーマは『寝違え』についてです。

 

前回のギックリ腰と同じような説明になってしまうかもしれませんが、寝違えとは首にある筋肉や首自体の関節の捻挫になります。

首自体の関節といってもピンと来ないかもしれませんが首から肩にかけて小さい骨(頸椎)は7個あります。なので、少なくても6個は関節があることになります。

寝違えになってしまう原因としては、普段から首や肩の筋肉がこわばっている方が寝ているときなどに寝返りをして首を捻ったときに傷めてしまう場合が多いです。

もし寝違えになってしまった場合はアイシングをしたり安静にしてあげたりと始めのうちはあまり動かないようにすることが良いといえます。

その時気を付けてほしいのはあまり冷やしすぎないことです。(大体10分前後)

例えば一時間以上冷やしすぎると凍傷になってしまったり、冷えすぎることで逆に治るのが遅くなったりもします。

あとは傷めたことによりどうしても周りにある筋肉が緊張したり、首の骨がずれてしまったりしてしまうことが多いため治りが遅くなってしまうのも少なくありません。

 

当院でできることは、状態にもよりますがアイシングをしたり、傷めた筋肉や関節に対して電気や手技療法をしてあげることで早期回復を目指していきます。

またずれてしまった首の矯正をしたり、鍼などで周りの筋肉を緩めてあげるのも効果的です。

 

上記のような症状に限らず、なにか気になっていることがあれば一度ご相談ください。

 

市原整骨院 高部でした。

Scroll To Top