腰を曲げたときの痛み ぎっくり腰


治療科目ジャンル:カイロプラクティック

1.患者情報

30歳(女性)  病名:-

2.主訴

今朝、子供にご飯をあげようとして座ったまま上体を左にひねったら腰に電気が走りそのまま固まった。しばらくじっとしていたら楽に放ったが会社で仕事をしているとだんだん痛みがぶり返す。今では歩くのがやっとの状態。

3.姿勢検査結果

姿勢は左への逃避姿勢。右の腰部をかばうように歩いている。腰部の筋肉は張っているが熱感はない。

4.動的検査結果

可動域検査:腰部屈曲で痛み。屈曲プラス右回旋で最も痛みを訴える。伸展位は比較的楽。筋力検査:右大腰筋、腸骨筋、中殿筋、大腿筋膜張筋左より筋力低下。胸鎖乳突筋は左側が弱く、緊張と圧痛が見られる。

5.治療or 施術内容

マニュピレーション:右大腰筋、腸骨筋、中殿筋をほぐし内転筋に早いストレッチをかけて活性化させる。次に腰椎の5番、仙骨、腸骨、膝関節、頚椎の1番と2番、7番、胸椎の1番を徒手で矯正する。

6.予後・治療計画or 施術計画

施術が終了し立つときに若干の痛みは訴えるものの、体を前に倒すと時の腰の痛みは殆ど無くなり歩き方も庇う素振りが無くなった。 2回目以降は以前にいためた右膝の治療も平行して行い3回目で完治した。現在もメンテナンスの目的で来院して頂いている。

Translate(翻訳) »