顎のたるみをリフトアップ

治療科目ジャンル:アロマテラピー

1.患者情報

30歳(女性)  病名:-

2.問診内容

最近、あごがたるんで二重顎になってきた、と気にされている。冬場で乾燥もしている状態。

3.評価・分析・解釈

細い方だが、少し顎下のゆるみがあるよう。肌は乾燥で少しブツブツした手触りで、以前より肌理が粗くなった印象をうける。お仕事、プライベートともに忙しいそうで、ストレスからか頬や頚部に緊張が強い。

4.治療or 施術内容

ラスピラテュールの顔の6回コースで。ラスピラテュールの小型ヘッドは皮膚を吸いつけつまんで、ローラーの回転で皮膚組織を整えていくもので、これを顔や頚にあて、皮膚組織を整えるだけでなく、リンパ節、リンパ管も刺激し、腋窩リンパへと流していくことができる。今回は顎周りを重点的に施術。また、LPGのケア後、ラベンダーの精油を用いたオイルトリートメントをデコルテ、頚、顔に行い、手技での筋肉へのアプローチとリフトアップも行う。最後はコラーゲンパックで肌を引き締め、沈静させる。手技も機械を用いての施術も、側頚部と咬筋等を念入りにケア。

5.予後・治療計画or 施術計画

フェイスラインはかなりすっきりされ、コラーゲンパックと、細胞成長促進作用のある、ローズウッド、ラベンダーの精油で作ったローションもふんだんに使い、保湿もしっかりされている。この状態維持の為、1月に1度のケアとして現在も継続中。

Translate(翻訳) »