重い物を持った後の腰痛


治療科目ジャンル:整骨

1.患者情報

40歳(女性)  病名:-

2.主訴

2週間前の土曜日に会社の引越しを手伝い、重い書類の束を持ったりデスク移動したりしていたら腰がだんだん重くなり、翌日になってベッドから起き上がるのも困難なほど痛くなる。何とか会社まで来たはいいが、座っているうちにだんだん腰が重だるくなり昼には二進も三進も行かなくなって当院に受診された。

3.観察・検査結果

骨盤は右に傾き方は左が盛り上がっている。腰部は左の腰から臀部にかけて筋肉の緊張が強い。頚部は左の僧帽筋と胸鎖乳突筋 の緊張が強く、後頭部と頚椎につく後頭下筋群は右側が緊張している。全体的に右に倒れるのを防ぐような形で下肢上肢とも緊張している。

4.評価・分析・解釈

体を前屈みにすると痛みが増し、後ろに反らすと幾分楽になる。腰椎から来る痛みか骨盤から来る痛みかを鑑別するために骨盤を固定した状態で前屈して頂くと痛みが無い。筋力検査では左の大腰筋と中殿筋が弱く、抵抗運動時に痛みを訴える。

5.治療or 施術内容

筋力検査で弱かった左の大腰筋や中殿筋を強化するために刺激を加え、大きくずれていた骨盤を矯正するために仙骨を後ろから前方へ左から右へ矯正し、一番下の腰椎(L5)を矯正する。

6.予後・治療計画or 施術計画

再び立っていただき前屈みになると施術前までは何かにつかまらなければ痛くて前屈出来なかったのが、施術終了後は問題なく前屈出来るようになり驚いた様子。腰痛の治療は2回ほどで終了したので現在はもともと酷かった肩や首の痛みの治療で来院中。

Translate(翻訳) »