猫背が原因の腰痛


治療科目ジャンル:整骨

1.患者情報

30歳(男性)  病名:-

2.主訴

慢性の腰痛があり、年に2,3回、かなり痛くなる。今回も痛くなったのだが、少し痛みが回復してきたところで来院。腰に張っている感じがある。仕事は座り仕事で、運動はウォーキングを週に1,2回している。おなかの調子も悪い。

3.観察・検査結果

立っても寝ても、かなり猫背に見える。腰を反らそうとしても、角度が然程いかないし、手で圧迫しても腰椎の弾力性が少ない。両手で背中を押すと、簡単にぼきぼきっと音がしたのでびっくりしていた。

4.評価・分析・解釈

仕事中、さらに普段からも猫背なことで、腰も自然に丸くなり、内臓を圧迫しているようだ。また腰が伸ばせなくなってきていることで、姿勢を維持するために、筋肉に余計な負担をかけていることで、背中の筋肉全体に疲労感が溜まってきているようだ。

5.治療or 施術内容

電気治療の後、手で腰と脚(2回目以降は背中)をほぐしていく。さらに骨盤が後ろに倒れているところを手のひらでゆっくり矯正し、腰を伸ばす運動(マッケンジー体操)をしてもらう。最後に痛くなる原因について考えを話し、姿勢指導をした。

6.予後・治療計画or 施術計画

数日後に来院されたとき、治療翌日からすっきり軽くなったと驚いていた。姿勢が良くなれば予防になりますよと告げると、身長が伸びるかもしれないと喜んでいた。

Translate(翻訳) »