ギックリ腰

治療科目ジャンル:鍼

1.患者情報

40歳(女性)  病名:急性腰痛

2.症状

朝、水の入ったバケツを持ち上げた際に腰を痛めた。

3.姿勢・動作の観察

主に立ち上がる際につらく、
歩けるが前傾姿勢になってしまい後ろに反らすのが困難。

寝返るにも時間がかかる。

4.動的検査

腰骨(ベルトライン)を中心に疼痛及び熱感を帯びているため、強い炎症がみられた。持ち上げる動作で筋肉を痛めたと思われる。

5.治療・施術内容

治療期間は連続4日間
1日目→アイシング、電療、腰は触れず臀部~下肢を手技治療でほぐし、腰~下    肢に鍼治療。

2日目→痛みが1日目から半分に(10→5)
    熱感がとれていたので電療、腰~下肢を長めにほぐしのみ。

3日目→痛みが2日目から半分に(10→3)
    2日目と同様の治療。

4日目→痛みをほぼ感じなくなる(10→1)
    2日目と同様の治療。 

今回の治療は終了

Translate(翻訳) »